1. TOP
  2. 独立・起業
  3. 起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その5】起業して3年続く企業は3割だけ!

起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その5】起業して3年続く企業は3割だけ!

独立・起業 この記事は約 4 分で読めます。

前回

「ニッチ in リッチ」という考え方を学びました

今回も成功法則の学びを深めていきましょう!

 

アンテナを張ることが大事!

いつの時代も新しいビジネスが生まれているように

見えます。

 

しかし、今ある企業は新しいビジネスを起こした

会社ばかりでしょうか?

 

ほとんどの企業のビジネスは、昔からある形を

時代の流れに合わせて変化させてきた企業が

多いのです。

 

その「変化」がキーポイントになります。

 

本屋は昔から存在しました。

 

本屋とインターネットを掛け合わせた結果

amazon という巨大企業が誕生しました。

 

本をインターネットで注文すると翌日届く。

 

非常にシンプルです。

 

 

コインランドリーも昔からありました。

家にも洗濯機はあります。

 

家で洗うのは大変な布団も洗える

洗濯機を巨大化させたコインランドリーが

今は流行です。

 

何度も洗濯機で洗うのが面倒な奥様達は

大きな洗濯機で一気に洗ってしまおうと。

 

クリーニング店に出すより料金が格安なので、

一緒に普段の洗濯もしてしまうのだと。

 

洗濯が終わるとスマホにお知らせが届きます。

空いている洗濯機もスマホで確認できます。

 

時代に合った洗濯の方法なのでしょう。

 

 

『時流に乗る』という言葉の本来の意味とは?

成長市場や将来性のある分野に

参入することは非常に大切です。

 

まさに、言葉通りの時流という意味。

 

流行りや廃りなど、世の中の動きに敏感になり、

未来を予測できる力が大切だということです。

 

世の中の大きな出来事は、

60年サイクルで起こると言われています。

 

また、ファッション業界のトレンドは、

6年周期で変わっていくとも言われています。

 

このような歴史を遡ってみて、

時流やトレンドを読む力は、

経営者や起業家には必須なスキルです。

 

ただ、私が今回伝えたいのは、

もう一つの意味での時流です。

 

 

それは、

『時流とは人の気持ちの変化のことだ』

ということです。

 

「企業は人なり」と言われるのと同じく、

ビジネスにおいても人が大事です。

 

どんなにIT技術が進化しようと、

どんな新しいメディアが誕生しようと、

ビジネスの中心が人であることは変わりない。

 

ネット集客というと、

ITの方に目が向きがちですが、

 

ネット集客が上手な人ほど、

人の気持ちをよく理解しています。

 

だからこそ、多くの人を集めることができ、

影響を及ぼすことができるわけです。

 

人の気持ちの変化、要するに顧客の変化です。

 

ビジネスする上では、

絶対に直視しなければいけないし、

 

一番アンテナを張らなければいけない

ものすごく大事なポイントです。

 

世の中の出来事に目を向けるのと同時に、

人の気持ちがどう変化しているのかにも

目を向けることで未来を予測できるようになれば、

必ずビジネスが上手くいくようになります。

 

そのために、私は雑誌や週刊誌を

読むことをオススメします。

 

今何が流行っているかが分かりますし、

こういうのがウケるのかという顧客の気持ちも分かります。

 

是非、今日から買い漁って読んでみてください!

 

次に読むべきセールスコピーを制する者はビジネスを制する?

 

 

関連記事

  • 会社が経営破たんする前に知っておきたい「売上が上がらない本当の原因」

  • amazonに学ぶゼロから確実に年商10億円を突破するための4つの起業戦略

  • スマホ集客において大事な相性が良い4つの媒体

  • 年収1億稼ぐ人のはどのような思考をするのか?

  • 独立して失敗しないために偉大な経営者から教わった重要なこと

  • 起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その1】起業して1年で6割が倒産!