1. TOP
  2. 集客アップの前に「集客」の意味を間違っていませんか?

集客アップの前に「集客」の意味を間違っていませんか?

マーケティング 経営 この記事は約 3 分で読めます。

集客が出来ずに悩んでいる人は、

今日の内容をじっくりと読み込んでください!

 

集客の上手くいかない人の

典型的なパターンとして、

 

商品・サービスに惚れ込んでいる

ということが挙げられます。

 

「この商品を使ってもらえれば分かる!」

 

「ホントに素晴らしい商品なので、

絶対に流行るし売れると思います!」

 

という相談をよく受けます。

 

 

ただ、残念ながら、

それが売れることはない。

 

なぜか?

 

それは、顧客視点が抜けていて、

自己満足に陥っているからです。

 

惚れ込むべき対象は、

あなたの商品・サービスではなく、

顧客の悩みや頭の中なのです。

 

このポイントがズレていると、

一生、集客することが出来ません。

 

また、そういう人は、

集客の定義自体もズレています。

 

『集客は、お客「を」集める』

という考え方がベースになっています。

 

この考え方を変えてください!

 

『集客は、お客「が」集まる』

というかたちで考えてください。

 

このベースの考え方が変わると、

発想されるものが変わってきます。

 

お客が集まる企画や、

商品・サービスはどのようなものがあるか?

 

お客の中で話題になっているものは何か?

 

こういう考え方が出来るようになります。

 

そうなれば、自然と顧客の声に

耳を傾けるようになるし、

顧客が触れているものに触れるようになります。

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ベースの考え方を変えると、

見方も発想方法も変わってきます。

 

そうなれば、集客上手になれます。

 

オンライン集客であろうと、

オフライン集客であろうと、

全てに共通する大事なポイントです。

 

Facebookを利用した集客なら

これを参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術

関連記事

  • セールスコピーを制する者はビジネスを制する?

  • 販売価格の決め方は、他社と比較してはいけません。

  • 起業で失敗する人と成功する人の違いは?

  • なぜ経営は難しいのか?経営者が直視すべき現実とは

  • 顧客の信頼を勝ち取って売り上げを右肩上がりに増やすには?

  • 24時間で1億円稼ぐ方法を公開します!