1. TOP
  2. マーケティング
  3. マーケティングで大切なUSPとESPとは?

マーケティングで大切なUSPとESPとは?

マーケティング 経営 この記事は約 3 分で読めます。

マーケティングの中で、

よくUSPが大事だと言われます。

 

USPは知ってますよね?

 

Unique Selling Propositionの略。

 

他社にはない自分の強みです。

簡単に言えば、差別化ポイントです。

 

このUSPを意識している人は、

多くいるかと思いますが、

 

ESPを意識している人は、

ほとんどいないのではないかと思います。

 

ESPとは、

 

Emotional Selling Propositionの略。

 

感情に訴えかけるポイントです。

 

 

USPとは、商品やサービスの機能面に

フォーカスが当てられていますが、

ESPは、情緒面にフォーカスを当てます。

 

簡単に言えば、

商品・サービスの使用後の話。

 

使用後に、どうなるのかを

具体的にイメージさせることです。

 

ここが弱いと商品やサービスは売れません。

 

 

当然、顧客はメリットを求めて

あなたの商品やサービスを買います。

 

決して勘違いしないでほしいのは、

顧客はあなたの商品やサービスが

欲しいわけではないということ。

 

あなたの商品やサービスを利用した後

顧客がどうなるかが大切なのです。

 

ここが分からない人は、

商品やサービスの特徴ばかりを

羅列するセールスをします。

 

それでは、絶対に売れません。

 

あなたのセールストークや

セールスページにESPを

必ず入れてください。

 

成約率が上がるはずです。

 

次に読むべき : 戦略と戦術の違いは?億万長者のビジネス戦略とは?

 

関連記事

  • amazonに学ぶゼロから確実に年商10億円を突破するための4つの起業戦略

  • ビジネスで成功するための3つの重要な要素とは?【コヴィー博士の7つの習慣】

  • なぜ経営は難しいのか?経営者が直視すべき現実とは

  • 8歳の少年が年収1億円を達成したのは○○○○○○○したから

  • ウェブで集客するならこれは押さえておかなければ失敗します。

  • レンタル業界のビジネスモデルは実はそのレンタル商品ではない