1. TOP
  2. 独立・起業
  3. 起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その2】起業して1年以内に6割が倒産!

起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その2】起業して1年以内に6割が倒産!

独立・起業 この記事は約 4 分で読めます。

せっかく起業しても、1年以内に約6割の会社が倒産する!

【その1】でお伝えしました。

 

 

しっかりと成功法則を学んでから起業する

ことによってリスクを最小限に抑えることができます。

 

まずは成功法則を一から学んでいきましょう!

 

思い立ったら、すぐ行動する!

 

 

起業すると、予想だにしないことが

数多く起こります。

 

・取引先の突然の倒産・・・

 

・従業員の突然の退職・・・

 

・パートナーの裏切り・・・

 

これらはマイナスな出来事ですが、

プラスの出来事もあります。

 

・新規事業チャンスの到来!

 

・大物からのジョイント話!

 

・ベンチャーキャピタルからの出資話!

 

マイナスなことやプラスのことを含めて、

本当に予想していないことが起こります。

 

ということは、

 

緻密な計画を立てて、事業展開しても、

その通りにならないことが多いということ。

 

勘違いしないでほしいのは、

 

事業計画を立てるなと言っているわけではなく、

それに時間を費やすくらいなら行動しろということ。

 

先が読めないことが不安で行動できない人は、

残念ですが、起業家に向いていません。

 

「石橋は叩いて渡れ」は本当か?

 

昔のことわざの中に、

 

「石橋は叩いて渡れ」

 

というものがありますが、

 

私自身は、

 

「石橋が壊れる前に渡りきれ」

 

と考えています。

 

叩いている暇があったら、

さっさと渡り切ってしまえということです。

 

要するに、すぐに行動して、

行動サイクルを早めることが大事ということです。

 

 

すぐに行動に移す癖を身につける方法

 

ただ、そうは言っても、

なかなか行動に移せない人がいます。

 

高額セミナーにせっかく参加しても、

聞いただけで終わってしまう人がそうです。

 

そういう人の共通点として、

日頃のある生活シーンに行動の遅さが表れています。

 

例えば、

 

友人や知人に、こういう人いたら紹介してと

頼まれたとして、「あっ、いるから紹介するよ」と、

2つ返事で答えたとします。

 

多くの人が、紹介するよと言って終わります。

 

しかし、行動サイクルの早い人は、

その場で電話やメールをする人です。

 

すぐに行動に移す。

 

別の例で、食事や飲みの話をそうです。

今度、飲みにいきましょう!というパターン。

 

まぁ、お世辞の場合は仕方ないのですが、

そうでないのであれば、すぐに日程を決めるべき。

 

その場で、日程を決めて行動に移す。

 

何かどうしようもないことだと

思われるかもしれませんが、

 

この小さい行動の積み重ねが、

大きい行動に繋がってきます。

 

すぐ行動する習慣を身に付ければ、

物事が進むサイクルも早くなります。

 

24時間という誰しも平等な時間の中で、

この行動サイクルを早めた人だけが、

最速で結果を残すことができます。

 

思い立ったら、すぐ行動!!

 

明日からではなく、今日から実行してください。

 

次に読むべき起業して成功するために知らなきゃならない成功法則【その3】

 

 

関連記事

  • 起業して年商1億円を突破するための教科書

  • スマホ集客において大事な相性が良い4つの媒体

  • ネットビジネスで継続的に稼ぐために必要なスキル9ヶ条とは?【保存版】

  • 会社が経営破たんする前に知っておきたい「売上が上がらない本当の原因」

  • 儲かるビジネスモデルを構築するには、儲かっている人のまねをするのが近道です。

  • 中小企業経営者が読むべきオススメ書籍【シンプルなシステム思考術】