1. TOP
  2. スマホ集客
  3. スマホPPC広告がうまくいっていない人は○○がダメなんです!

スマホPPC広告がうまくいっていない人は○○がダメなんです!

スマホ集客 この記事は約 4 分で読めます。

スマホのPPC広告で上手くいってない!

これからスマホPPC広告を実施する!

スマホPPC広告の効果を高めたい!

 

あなたはこのどれかに当てはまりますか?

そうであればこの記事の内容をきちんと読んでください。

 

PPC広告で大事なポイント

そもそも、スマホやPCに関わらず、

PPC広告で大事なポイントは3つあります。

 

  1.  コンバージョン数
  2.  顧客獲得コスト(CPA)
  3.  広告費

この3つの指標は絶対に押えなければダメです。

 

ただ、なぜコンバージョンが取れないのか?

なぜ、獲得コストが高騰してしまうのか?

この原因を考えたことがありますでしょうか?

 

その最大の原因は、

ランディングページです。

 

このランディングページと、

設定しているキーワードのズレ。

 

これが、根本原因です。

 

PPC広告におけるキーワード選定は、

非常に大事な作業なのですが、

ただ闇雲に選定してはいけません。

 

例えば、

あなたが渋谷で居酒屋

を経営しているとします。

 

その際に、設定するキーワードは、

「渋谷 居酒屋」ですよね。

 

もちろん、その他のキーワードも

網羅していき出稿していくはずです。

 

このキーワードの1つ1つを

どれくらい考えて設定しているのか?

 

ここが勝負の分かれ目になります。

 

スマホで、「渋谷 居酒屋」と検索する人。

 

この人は、何を求めているのでしょうか?

 

オシャレな感じですか?大衆系でしょうか?

 

また、検索している人は、

男性なのでしょうか?女性なのでしょうか?

 

誰と居酒屋に行こうとしているのでしょうか?

 

彼女ですか?彼氏ですか?友達ですか?

 

どんな時間を過ごしたいのでしょうか?

 

「渋谷 居酒屋」というキーワードの裏にある

その人の背景や状況やシチュエーションを

どれくらい意識できるかどうかが、

めちゃくちゃ大事です。

 

特にスマホでの検索ワードは、

短くシンプルなワードが多いです。

 

なので、どのようなものを求めているのかが

分かりにくい傾向があります。

 

なので、そこを真剣に考える必要があります。

 

その検索している人の状況が読めなければ、

的外れな広告になってしまいます。

 

それでは、絶対に集客できません!

 

キーワードから、人を見る力。

 

これに長けている人は、

例えPPC広告の機能に詳しくなくても、

集客がジャンジャンできます。

 

このことを頭に叩き込んでください。

 

次に読むべき スマホECサイト設計で最も気を付けなければならないこと

あわせて読みたい : ネットビジネスで継続的に稼ぐために必要なスキル9ヶ条とは?

 

関連記事

  • ブログのネタ切れを5分で解消する方法

  • スマホサイトのココを改善して反応率を上げる【ユーザーが期待するポイント】

  • スマホ集客において大事な相性が良い4つの媒体

  • ネット集客の主流派スマホ集客へ移行!競合他社に後れを取らないためのマーケティング

  • スマホ通販売上アップ4つの秘訣

  • Facebookやツイッターで「いいね」しても売上につながらない人のワケ